2018年1月【新年明けましておめでとうございます】

Author:川村 拓司
Date:2018-1-4

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
本年も尚一層のお引き立てとご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

弊社UT・キャリアも、昨年2年目がスタート致しまして
おかげ様で現在21名の社員とともに今年を迎えることが出来ました。

ひとえに弊社をご利用頂くお客様・各メーカー様・取引先様・関わって頂く諸先輩方等々の
ご指導やご高配・ご自助の賜物と存じております。
本当に有難うございます。

2017年UT・キャリアの指針は

「原点」と「改革」

でございました。
会社として大切にしている(多くの企業様の採用成功)のため
徹底伴走を行い、お客様へロイヤリティの高い仕事を行う事の「原点」と
今までの成長曲線をいい意味で壊し、これからの市場影響度を高めるため
更なるスピードで変化させる「改革」をテーマにして参りました。

8月にMBOを行い、役員の輩出。内部インフラ強化。
9月に単月初の5000万円の売上ギネス。(その後も更新中)
12月京都支社の立ち上げ。
日々目まぐるしい1年を過ごして参りました。

本日より2018年が稼働しました。
2018年UT・キャリアの指針は

≪期待を「一歩」超える≫

という事がUT・キャリアの新たなテーマです。
弊社が関わるステークホルダーから、求められる期待に対して
「常に超えていく」という事をを大切にしていきます。

お客様・各メーカー様・取引先様・従業員・社会的責任の
期待を超える事をここに宣言いたします。

その中で、一歩という事にも意味があります。
当然期待を100%と置くと(120%)(150%)や、歩数としても(5歩)でも(10歩)でも
超えることがcompanyvalueであることは十分に理解しています。
しかし、同時並行にて期待を超えられない事象が出ること自体が
ステークホルダーにご迷惑となると考えております。

例え、101%でも1歩でも超えることが出来るならば
companyvalueと考えます。

地に足をつけ、仰げば尊しでなく、日々の仕事の延長線上に我々の未来があるという事実。
また、未来のビジョンを掲げないと辿り着けないという事実。
短期的実績と長期的ビジョン。

この相反する、事実をきちんと受け止め、「一歩」を超え「未来」を
社員一同実現して参ります。

今年一年、様々ご指導・ご尽力・ご自助賜ると存じますが
皆様の期待を「一歩」超えていきますので、何卒UT・キャリアをよろしくお願い申し上げます。

2018年1月4日
株式会社UT・キャリア
代表取締役
川村拓司